安全運転が第一ですね

- Category - ドライブ

ドライブしながら歌うのがストレス発散法です高校を卒業してから、まずピアスをするために皮膚科へ行きました。次に、バイトの面接を受けに行きました。それから、自動車学校に通いました。

高校まではしてはいけないという事で、禁止されていた事だったので、当時は自由を、思う存分感じたかったのだと思います。

それから、とても自信がなかったのですが、無事一発で運転免許を取得する事が出来ました。まずは父が助手席に乗ってくれて、合格後初めてのドライブをしました。実験台として、助手席に乗ってくれた父を今振り返ると、愛情を感じます。

そして、親から自動車を借りて、親から道を教えてもらい、友人と海へ出かけました。友人とだけで、海に行けたという喜びは、今でも覚えています。そして、何度も友人と色々な所へドライブしました。

母はきっと心配はあったと思いますが、いつも「気をつけるんだよ」と送り出してくれました。

そんなある日、いつものようにドライブしていたら、タクシーのおじさんがわざわざ後をつけてきて
「君の運転は危ない、優先順位をもう一度勉強しなさい」
と教えてくれました。

今思うと、とてもありがたい事ですが、当時の私は、友人と「何かいな、あの態度」なんて言って、素直に受け止めなかった気がします。そのせいあって、私は親の車を廃車にしてしまうという事故を起こしてしまいました。結構目立つ場所での事故で、沢山の方に迷惑をかけてしまいました。

それから、私は自分の運転で、ドライブに出かけるという事をしなくなりました。

この期間に出会った彼氏から、別れ話をもちかけられた時に、
「運転もいつも俺だった、たまには代わってほしかった」
などと衝撃告白をされて、何とも後味の悪い別れ方をしました。

今の主人と知り合ったとき、彼がお酒を飲んだので、私が久しぶりに運転する事になりました。緊張で、足の震えが止まりませんでしたが、誰にも迷惑はかえられないと、必死に手汗を握りながら運転しました。
彼の家に着いて、私は20分かけて歩いて帰るという、健気だった私を、今私は褒めてあげたいです。

それから、結婚して、子供が生まれたとき、運転をしないといけない状況が続きました。赤ちゃんを連れての運転だったので本当に慎重でした。

そのおかげか、今運転を再開して7年、私のストレス解消法は、ドライブしながら歌を歌う事。昼間は、対向車と目が合うのが、気まづいので、口をあまり動かさず歌っていますので、夜のドライブが大好きです。

子育て中は、なかなか一人時間が設けられないので、主人に夜子供を見てもらい、一時間ほどドライブしに行きます。すると、驚くほど、気分がスッキリしています。

あの事故の事は、決して忘れず、これからも安全運転をしていきます。